He's back!!!




          Happy Halloween!!!





               Trick or Treat!
                                           10/21 20:21撮影
20101031-1.png

                                           10/22 14:18撮影
20101031-2.png


ホントは、もっと楽しい気分で載せるつもりで撮影したんだけどナ・・・・・・





以前ちらっと書いた、ジャックのおひげ
保護当初は、短く切れていたり、ボコボコ波打っていました
20101031-3.png
亡くなるまでに、2本だけ拾うことができました☆



そして・・・・・・!!!



20101031-4.png
手前の1本を 昨日 発見!!


ももちゃんにもちびちゃんずにも、先が切れたおひげはありません
掃除機も何度かかけているし・・・・・・


亡くなってちょうど1週間、早速ハロウィンに帰ってきてくれたのかな


ハロウィンタウンにも遊びに行ったりしたのかなぁ



ジャックが亡くなってから、急激に寒くなりました

いくらお腹周りが熱く感じるとはいっても、あんなに寒い日の冷たい床に直接寝転んでいたら、とっても心配になっていただろうナ

ジャックはいろんなことをわかった上で、あの日を選んだのかな。。。



のらさんだった頃、玄関でごはんを食べた後のお昼寝も
20101031-5.png

窓際で日向ぼっこをしながらのお昼寝も
20101031-6.png

寝顔はとっても幸せそうでした

今はもう、毎日こんな顔でお昼寝を満喫してるかな


住む世界が変わっても、ジャックが永遠に幸せでありますように・・・・・・

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

贈り物

前回の記事では、ジャックのために涙を流していただき、私へも沢山のあたたかいお言葉をいただき、本当にありがとうございましたm(_ _)m

2歳という早すぎる旅立ちはとても悲しいし、やりきれない思いがあります。

今もジャックのことを想うと涙が枯れることはないけれど、それでも、私にはこれからも守っていかなければいけない4にゃんがいるし、逆にその4にゃんに支えてもらいながら、前を向いてがんばりたいと思います

ジャックは、もう苦しむこともない世界で、健康な体を手に入れ、ごはんをモリモリ食べて、元気に走り回っていることを信じて・・・・・・



 *☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*



最後までジャックのそばにいてくれたももちゃん☆
20101027-1.png

赤ちゃんだったちびちゃんずですら受け入れることができず、4年以上一緒に暮らしている今でも敬遠してるのに、のらさんだったジャックには、最初から心を開いていました

それは、ジャックが若いのにおっとりしてて、他のにゃんこさんとの距離をきちんと理解できる気遣いやさんで頭の良いコだったからかもしれません

でも、それ以上に根本的な相性が良かったのかな

ジャックが息を引き取った後も、遺体に寄り添ったり、小さな骨壷を不思議そうに見つめたりしていました
20101027-2.png


どこかで「猫は『死』を理解しない」と読んだことがあります

例え動物学的にはそうだとしても、一緒に暮らした誰か、仲良しだった誰かが突然動かなくなったり、いなくなったりしたら、きっと猫なりに思うところはありますよね。。。


ジャックが亡くなったその日から、ももちゃんの様子が変わりました


ジャックの写真や、ジャックがずっと眠っていた場所をジーッと見つめるのです

そして・・・・・・




一日に何度もこれを繰り返します。
特に激しいのが、夜中の2時や3時頃

今まで、夜中に目を覚ますことなんかなかったのに。。。

ホントにジャックのことが大好きだったのかな、ジャックの姿を探しているのかな、しかもジャックが旅立った時間までわかっているのかな、と思っちゃいます


それから、体にも変化がありました。


今、ももちゃんは自宅で点滴をしていて、輸液の中に食欲増進剤も入れてもらっています

でも、二日に一回なので、点滴直後の一日はよく食べるけど、二日目にはまた食べなくなってしまう状態でした

それが、次の点滴をする二日目まで、モリモリ食べるように!!

ここ数年は足腰が弱くなっていて、あまり無理をしないようになっていたのに、自分から高いところに登るようにもなりました


腎臓だけはホントに死んでしまうほど悪かったジャックだけど、心臓や肺、胃腸など、腎臓以外の臓器や、骨や筋肉といった体自体は2歳の健康体だったので、元気だった体をももちゃんに譲ってくれたのかなぁ・・・・・・と思ったりしています

単なる思いすごしと言われるかもしれないけれど、一緒に暮らしている私にとって、違いは明らかなのです


泣き叫ぶももちゃんには、「ジャックは苦しみのない世界に行ったんだから大丈夫だよ」と言い聞かせ、ジャックには、「ももちゃんを見守っててね」とお願いしています


一緒に暮したのは2カ月ちょっとなのに、こんなにも強い絆で結ばれることがあるのかなぁ。


近所には沢山ののらさんがいるのに、初対面の時から何故かずーっと気になって仕方がなかったジャックには、何か不思議な力があったのかもしれません


思えば、ジャックには一日に二回も点滴をしなければならず、最初はプレッシャーで押しつぶされそうだったけど、下手くそな私の処置をガマンしてくれたおかげで慣れることができ、それで、ももちゃんにも自宅で点滴をするようになって、週に一度通院するという、ももちゃんの負担をなくしてくれました。

ジャックのおかげで良い先生にもめぐり会えました

ジャックはその短い生涯でも、私に沢山のものを残してくれたように思います。


本当にありがとうねぇ


火葬に向かう前、ジャックを連れて、のらさんだった頃にジャックを見かけたことがある場所をぐるりと一周し、「ここでごはん食べてたよね」「ここでお昼寝してたよね」「夜はここにいたでしょ?」と思い出話をしました

健康な新しい体を手に入れて生まれ変わった時は、最後に見た風景を思い出して、すぐに私を見つけてくれるといいな~

もちろんその時は、のらさんなんて過酷な生活を経験しなくてもいいから、まっすぐに私のところへ来るんだよ~


ジャックの遺骨は、私とももちゃんのすぐ近くにあります
20101027-3.png

でも、骨壷が入ったふくさを結んでいるヒモに興味津津の暴れん坊おねーちゃんずのせいで、アクリルボックスの中に入れることにしました
20101027-4.png
こんな姿になってまで油断のできないおねーちゃんずでごめんよォ、ジャック

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

ありがとう

   10月23日 午前3時38分

      ジャックが選んだのは
        苦しみのない世界へのお引越しでした






ずっと食欲がなかったジャックが、21日の19時頃、缶詰を開けたら、私の足元まで来ておねだりするほど喜び、35グラム食べました


でも、その日、16時頃に一度おしっこをしたきり、私が眠る夜中まで、トイレへ入ることがなく、とても心配していました

それまでは、2~3時間おきに一度のペースでしてたのに

翌朝起きてみると、トイレに塊があったので、安心したものの
20101024-1.png


22日、11時に病院でお注射

ここ2~3日は、キャリーの中でもぐっすり眠ってしまうほど、体力も無くなり、ボーっとすることが多くなっていました


貧血が進んでいたので、増血剤を打つ予定もありましたが、輸血をしても3日目には体力が落ちてしまうジャックに、「がんばれ、がんばれ 血液を作れ」と無理をさせるのもどうなのか

院長先生には、このまま貧血が進んで息絶えるならば、本人はボーっとして、ふわふわと夢を見ているような状態なので、苦しむことなく旅立つことができるだろう、と言われました

何時間もおしっこが出てこないのも、腎臓がいよいよ機能しなくなっている証

脱水も激しくなり、頬がこけて目が落ちくぼんできている


先は長くないだろうと言うので、率直に聞くと、余命はあと1週間

もし食べることができれば、2週間3週間と延びる可能性もあるけど、その程度


家に帰ってからもずっと涙が止まりませんでした
20101024-3.png

20101024-2.png


歩く力もほとんどなくなり、ヨロヨロしながらも自分で歩いてトイレに入り、おしっこをすると、そのままうずくまって、しばらくは動けないでいました
20101024-4.png


前日、喜んで食べてくれた缶詰を、スプーンに少し取り、鼻先まで持っていっても、顔をそむけてしまって、全く受け付けず


ほとんどの時間はベッドで横になるけど、目はうつろ
20101024-5.png


暑くなると、力がないながらも歩いて床の上に倒れるように寝そべりました
20101024-6.png
腎臓が悪くなり、お腹周りが熱っぽく感じることがあるんだそうです


体が冷えてベッドに戻り、時々寝返りをうつのもやっとの状態
20101024-7.png

20101024-8.png


お水を飲みに行っても、座った状態の自分の体を支えられなくてうずくまるので、器を持ち上げて口元に近づけたけど、全く飲めませんでした

ベッドに横になって、口をパクパクする時、口の中が渇いているのかと思い、様子を見ながらスポイトで1滴ずつ水分を補給


余命1週間と言われ、残された時間がそれしかないなら、できるだけ長く一緒にいよう、可能ならば寝ずにそばにいよう、と思っていたのに、ついウトウト眠ってしまったのが多分12時頃


ハッと気づいて目を覚ましたのが深夜2時40分頃


ジャックはうつろな状態で、眠るにも眠れないでいた様子

私だけウッカリ眠っちゃってごめんねぇ


その後は、ずっと手をつないで、沢山お話をしました

初めて会ったときのこと
冬の寒い日に公園でごはんを食べたこと
姿が見えないと思っていた時、喫茶店の前で再会できたこと
毎日ウチにごはんを食べに来るようになったこと
そして一緒に暮らすようになったこと
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・


3時15分頃、スポイトでお水をあげました

ももちゃんもずっとそばにいてくれました
20101024-9.png


そして3時38分、深呼吸をするように、大きく5回息をして、眠りにつきました



初めての「看取り」でした


最後に一度大きな声を出すとか、激しく痙攣するとか、色んな話を聞いていたけれど、ジャックは最後の最後まで私に気を遣ったのか、本当に静かに、眠るように息を引きとりました


まだ生きているるかもしれないと、何度も胸のあたりに手をあてたけど、かすかに感じたのは、自分の指先の脈でした


今思えば、木曜日の朝、久しぶりに出した大きなウンチは、最期にそなえて自分で体の中までキレイにしといてくれたのかな

それに最後まで自分の足でトイレに行っておしっこをしてくれたね

そこまで気を遣ってくれたのかと、涙が出ます


力が抜けて、ぐにゃりと曲がるジャックの体をバスタオルで包み、しばらくは私のベッドで、一緒のお布団で添い寝しました


またこうやって一緒に眠る約束をしたよね

寒い冬が来たら、暖かいお布団にもぐるようになるかなって楽しみにしてたんだよ


それから、気持ち良さそうにゴロゴロ・フミフミしてたお布団にも寝かせました


そして、体をきれいに拭いて、最後まで気に入って使ってくれたベッドに寝かせ、ウチにごはんを食べに通っていた頃、大好きだったシーバとレトルトフードを入れました

もう腎臓の心配なんてしなくていいんだよ

おいしいごはんをいっぱい食べていいんだよ


少しでも離れたくなかったけど、お花も買ってきました
20101024-A.png


硬く冷たくなった体をなでて、ありがとう、ごめんね、大好きだよ、と沢山話しかけました


夕方、院長先生からもお花が届きました
20101024-B.png



ずっとずっと涙が止まりませんでした


今もこうして一つ一つを思い出し、涙が溢れてきます


名残惜しかったけど、このままずっと傍で話していたかったけど、今日、火葬も済ませました

小さな小さな骨壷におさまりました


ジャックと過ごした時間はあっという間だったけど、骨になってこんなに小さくなってしまうのはもっとあっけない時間でした



ウチに通ってきてた頃、鼻をグズグズさせていて、風邪が長いこと治りませんでした

お水をガブガブ飲むので、腎不全を疑っていました

そう思ったなら、もっと早い段階で助けてあげられなかったのか

そうすれば、あんな大ケガをして、痛い思いや怖い思いをすることもなかったし、腎臓機能の悪化を遅らせることができたかもしれない


腎臓が悪いってわかってたのに、去勢手術をする必要があったのか

ちびちゃんずとのやり取りは、私が十分に気をつければそれでよかったのに

ほんの数分とはいえ、あの時麻酔をかけたのが、急激な悪化の引き金になったんじゃないか


ジャックには謝らなきゃいけないことだらけです


ほんとにごめん



でも、お薬を飲むのも、注射も点滴もがんばってくれてありがとう

最後まで私を気遣ってくれてありがとう

ウチのコになってくれてありがとう



大好きだよ、ジャック
20101004-8.png


ももちゃんも、みいも、ぶうも、にゃおも、そして私も
みんなでお迎えに行くからね

それまで少しの間、虹の橋で待っててね


今まで本当にありがとう

ジャック、大好きだよ
20101008-1.png

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

ガマンガマン

昨日から今日にかけても「げーげ」無し
・・・・・・ただし、食欲もナシ

食べてないので、力も出ないし、出るものもほんの少ししかなかったジャックですが、今朝、久しぶりに10cmクラスの大きなを出しました

コレを機会に(?)、良い方へ向かってほしいです!!


ここ数日は、だいぶ冷えてきたので、いつものベッドだけじゃ寒かろうと、タオルをかけてあげたり、ブランケットを入れてあげたりしてるのですが

すぐ床の上に伸びたりするんですよねぇ(A;´・ω・)アセアセ
20101021-1.png
お外生活をしていたジャックの「適温」はかなり低めなのかなぁ


結局「ベッドのみ」がちょうど良いらしいです
20101021-2.png


背中とおそろいのブランケットなのになァ(^ε^)♪
20101021-3.png



 *☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*



毎日の通院で、1日2,100円かかっています
これが1ヶ月続いたとしたら、6万円。。。

今まで3回の入院費用や、各種検査代なども、結構な額になってます


元々、洋服とかバッグ、その他インテリアとかへの物欲もないし、化粧品も使ってないし、収入としては超庶民的レベルでも、十分やってこれました


私がしてきたゼイタクと言えば、月2~3回、友達と飲みに行くこと☆

家も近くて、約束していなくても「今日、飲みに行く」と誘える親友がいたのですが
ジャックを保護したのと同じ頃、彼女の妊娠が判明

それはとてもめでたいことだけど、飲み友がいなくなるのは淋しくて

毎日缶ビールを1本飲んで、ガマンしてました


私にとっては、この缶ビール(発泡酒じゃなくてビール!!!)と、毎朝飲む缶コーヒーが唯一のゼイタクとなっていたのです


が。
どう考えても、節約すべきはココしかない


でも、コーヒーとビールは、ガマンしようと思えば思うほど飲みたくて・・・・・・

軽く「中毒」って思っちゃうくらい飲みたい~・゜・(PД`q。)・゜・


毎日1本ずつ飲んだとして、単純計算で1ヶ月約1万円

そのくらいのゼイタクなら、許してもらえるかなぁ(・・・・・・誰に???)


「節約しなきゃいけない!!」という危機感はありつつ、例え1日1本でも、こんなにビールを飲みたがる私は「アル中」なんでしょーか(爆)

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

やきもち

時々ジャックの様子を見に来るももちゃんですが
20101020-1.png

土曜日の夜から、私がジャックと一緒に寝るようになって、どうしようか悩んだけど、ももちゃんも、ちびちゃんずと一緒に和室で寝てもらっていました

それが3日続いた昨日、遂に癇癪を起しまして(;^-^A

甘ったれた声を出しながら付きまとうので、ベッドに横になって、久しぶりの「がぶがぶ遊び」をしました☆



がぶがぶしてるけど、喉もゴロゴロしています

一緒に寝れなくて淋しかったんだねぇ

というわけで、昨日はももちゃんにもジャックの添い寝をお願いしました
そしてこれからもしばらくお願いすることにします



 *☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*



ジャックと言えば

昨日はほとんど食欲が出ず、10グラムくらいしか食べませんでした

でも、昨日から今日にかけて「げーげ」もなく

増進剤を入れた上で食欲がないのは問題だけど、吐き気がないのは良いことで

状態としては、低調のまま現状維持ってところでしょうか。

ただ、自分のベッドか、部屋の隅っこのフローリングで寝ていたのが、私の「簡易ふとん」にちゃっかり乗っかるようになりました
20101020-2.png
座布団をバスタオルで覆ってるだけですけど...(; ̄ー ̄A)

周りに何もないと、寒そうなので

タオルをたたんで「あご載せ枕」を作り、カピバラさんに添い寝を依頼
20101020-3.png
寝心地はどんなカンジでしょ(*^m^*)


「背中のお顔」の「目」の部分
20101020-4.png
とあるにゃんこさんは「天使の羽」が付いている・・・・・・と表現されてました♪

なるほど~と思ったけれど、黒い羽っていうのは問題ありますかねぇ?( ̄∀ ̄*)エヘ


この2週間、ほとんど食べてない割には、体重が落ちません!
毎日輸液を入れてるからっていうのもあるとは思うけど、それでも激ヤセしていかないのは、良いことなんじゃないかと思ってます

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

不調続き

今朝のジャック
20101019-1.png
夜中に何度かをしようとトイレに入ったけど、力が入らないので踏ん張れず、諦めて寝る、を繰り返していました

最終的には、しっぽの付け根まで来たものを、私が「押し出す」というお手伝いをして、親指サイズのがコロンと出て終わり。

この2週間近く、あんまり食べてないので、出るものも少ないです


今日も病院で注射をしたけど、ほとんど無抵抗。

今までは処置をされる時は大絶叫の上に、全身で力いっぱい拒否していたのが、最近は力もだいぶ弱くなり、この数日は声を出すだけになっていて、そして今日は無抵抗。。。

「お利口さんだった」の一言で片づけられたらいいけど、もう抵抗する力もなくなってしまったのかと思うと切ないです


更に、毎日同じ注射をしてもらっているのに、今日は食欲が出てきません。

増進剤を入れても、食べられないくらいに悪いんでしょうか。

顔をうずめるようにして眠っています。
20101019-2.png

また貧血が進んじゃってるのかなぁ。


去年の夏、ももちゃんの具合があまり良くない時に気付いたのですが

にゃんこさんは超キレイ好きで、常に毛繕いをしてるのに、体調がすぐれない時って、あんまり・・・・・・というか、全くやらなくなるんですよね。

食後の顔洗いすらやらなくて。

元気の印、お爪パリパリもずいぶん長いこと見ていません。


悪いのが腎臓なので、完治することがないのはわかっています。
それでも、まだこんなに若いんだし、上手に付き合っていけるレベルまで数値が下がってくれたら、それだけでいいのに・・・・・・!!


ジャックの毛繕いとお爪パリパリをまた見られますように・・・・・・

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

撃沈

昨日は一昨日よりも沢山食べて、しかも夜中に戻すこともなく

良かった~と目を覚ましたものの、6時半に「げー」でした
大体のものはその時に出たけど、7時半にも胃液を。。。


今日もお注射をしに病院へ行き、先生に聞いてみました。
「膵炎と胆管炎はどのくらいで治りそうなのか」

治ることは期待しない方が良い、という答えでした。。。

胆管炎にはステロイドを使っているけど、腎臓が悪すぎて、膵炎のお薬は使えないそうで、ただ、この二つは密接に関係しているので、胆管炎を落ちつけることで膵炎にも多少は効果があるかも、くらいな感じでした。


話し方から察するに、現状を維持できれば良い方で、改善の余地はなさそうな


この前、輸血をしたけど、期待した効果が出なかったことで、先生の意識が悲観的な方へ傾いてしまったような気がしないでもないような

確かに、知識と経験がある先生から見れば、良い方へは考えられないかもしれないけど、無知が故に楽観的に考えてしまう私は、ジャックが生きている以上、治療を続けてる以上、改善することを望んでしまいます


でも、今日は、増進剤の影響でフラフラする上に食べてくれない
昨日も一昨日も、注射の後は少しだけ元気になったのに!!


ジャックの食欲が湧いてくるのを待ちながら、自分のお昼に鯵の干物を焼きました

そしたらそのニオイに反応してくれちゃって(;^-^A


先生には「食欲があるうちに好きなものを好きなだけ」と言われたけど、もっと長い将来を考えてしまう私は、体に良くないものをあげる気にはなれません

なので食べ物も、「ももちゃん用に買っては失敗」が続く腎臓ケアフードや、シニア用のタンパク質が控えめなものばかり

もちろん人間用のものは一切あげません!!

でも、鯵に反応しちゃったので、今日は缶詰を開けてあげました

少しずつ、モリモリ食べてくれて一安心(*´ο`*)=3


午後からはちょっとだけ元気になるけど、夕方以降はグッタリ疲れてしまう毎日。

やっぱり増進剤を使って食欲を出させるので、それで一時的に元気になったように見えるだけで、実際のところは、決して良い状態ではなさそうです。


今日は何だか私の調子が悪いのか、涙が止まらなくなっちゃって・゜・(PД`q。)・゜・


「今夜がヤマ」と言われながら、6年も生きた末期の腎不全のねこちゃんの話を読みながら、きっとジャックもこうなるハズだ!と、自分を励ましています


私はがんばるけど、ジャックは無理しなくていいから、付き合ってね
20101018-1.png
って、言って聞かせてます

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

発見☆

昨日、食欲増進剤も入れてもらって、午後からはちょろちょろ食べましたが
合計でも約15グラム、しかも夜8時頃には食欲もピタリとおさまり

深夜2時、全て戻しちゃいました

今朝は何も食べず、9時半に胃液を少々


元気モリモリだった頃は、私のベッドで一緒に寝ていたけど、具合が悪くなってからは、和室へはほとんど来なくなりました

移動範囲は、自分のベッド、トイレ、お水置き場の1メートル四方程度。


トイレも、和室の方は使わないので、夜寝る時は、ジャックが行き来できるように、和室とキッチンの間を開放していたけれど、直線距離が長くなると、暴れん坊のちびちゃんずが走り回ってキケン

ジャックが好きな時に食べられるように、食事を出しっぱなしにしたいけど、それもやっぱりちびちゃんずに食べられちゃうので、どうしても「隔離」が必要


というわけで
和室とキッチンは閉鎖して、私はジャックと一緒に寝ることにしました

深夜のげーげにもすぐ対応できるし
2時間置きにジャックがトイレに入るたびに目が覚めちゃいましたけど


元気になったら、また私のベッドで一緒に眠れることを楽しみに・・・・・・


で、今日も、病院でお注射をしてきました

帰宅後すぐ、食欲が出たようで、2時間くらいの間に30グラムも食べました♪

あんまり沢山食べちゃいけないとは思うけど、お薬が効いて、本人は食べたい衝動を抑えられないので、少し食べては休ませる、の繰り返し

食べないことには元気も出ないしね


昨日よりも食べたせいか、少しだけ元気に見えます
20101017-1.png
回復しているんだといいな~


余談ですが、ジャックのおひげに「枝毛」を発見しました
20101017-2.png
保護当初、デコボコ・ぼろぼろだったおひげも、いつの間にか全体がまっすぐキレイに生えそろってきています。


おひげがデコボコするのって、何が原因だったの、ジャック~
20101017-3.png

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

通院

今朝も食欲はなく

皮下点滴も完全に拒否されました
輸液を軽く温めても嫌がるので、点滴創(?)というか、背中に何か違和感があるようで

診察開始時間を過ぎ、おしっこをしたら出かけようと準備準備

その間、ももちゃんが残したカンカンをジャックの前に出したら、ティースプーンで1杯くらい、ほんの少しだけ食べてくれました

昨日も今朝も、まるっきり食べなかったので、嬉しかったです


先生に状態を話して、相談した結果

しばらくは、毎日通院して、注射でお薬を入れてもらうことに

自宅での点滴は、一旦お休みします。。。

ジャックが嫌がる処置を最小限にするためです!


例えばももちゃんの場合、「お出かけすること」、「他人に触られること」がストレスになるので、なるべく通院回数は減らして、自宅でケアをしてあげたいけど、ジャックの場合、どうやら「お出かけ」自体はイヤじゃなさそうだし、「処置」は誰がやっても嫌がるけど、それなら私みたいな素人が下手にやるより、病院で確実にやってもらった方が、負担も少なそうで


私に降りかかる負担は、色んな意味で大きなものになりそうですが(爆)


そして今日は、食欲増進剤も少し入れてもらったので、午後から少しずつ食べています♪
20101016-2.png
↑↑食べた直後のお顔☆

何も食べなかった昨日に比べると、少し覇気があるような?


昨日は、お散歩中のももちゃんも心配してたよ~
20101016-1.png


腎臓機能が著しく低下しているし、貧血も進んでいるし、こんなにグッタリした姿を見ていると、その他諸々の内臓機能も心配になり、食べても大丈夫なのか?!

・・・・・・という気もするし

増進剤を使うと、自分の意志とは違ったところから湧いてくる食欲な感じで、色々気になることもあるけれど。

食べないことには回復する力も、無くなっちゃいますよね


お注射だけでもしていれば、「苦しさ」からは解放されるハズなので!!

少しだけがんばろうね~o(^-^)o
20101016-3.png
お顔がひっくり返っていると、リラックスしてるっぽいですよね

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

食欲ゼロ

ジャックの調子がぐーんと悪いです

一日のほとんどを部屋の端っこで過ごしてます。。。
20101015-1.png


今日は朝から一口も食べず

缶詰も開けてみたけど、反応ナシ


20101015-2.png


夕方5時ごろと6時半ごろにげーげ。

食べてないので、出すものもなく。

朝の点滴は、20mlのところで逃げられたので、お薬の効き目も足りなかったか


明日の朝も食べないようなら、お医者さんへ行ってきます


しばらくの間、ブログはジャックの状態の覚え書きに使うことにします
20101015-3.png

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

ねこもの雑貨販売中☆
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
くろック ALL STARS
プロフィール

MOMO

Author:MOMO

 「ねこ作家です」

 と、名乗りたい!
  (o`・ω・)o

* * * * *

不思議なご縁でやってきた
ほのぼのにゃんず

それぞれの個性が織りなす
ささやかな幸せの毎日☆




にゃんこーず

*もも
 
 1991.7.2生 享年20歳 ♀
 超甘えん坊だけど、
 優しくて面倒見が良くて、
 空気も読めちゃう
 ミラクルお利口さん☆彡
 プライドの高さもピカイチのお姫様。
 2011年7月6日 7:52
 天の川で一番輝くお星さまに……


*みい
 
 2006.7.20生 7歳 ♀
 好奇心旺盛、おもちゃ大好き、
 遊ぶの大好き♪
 おちゃめで食いしん坊。
 雨や風の音にも怖がる超ビビリ☆


*ぶう
 
 2006.7.20生 7歳 ♀
 のんびりおっとりマイペース、
 優しくて力持ち☆
 いつもボーっとしてるように見えて
 実は「一番」かもしれないビビリ。
 食べ物に意地汚いのが玉にキズ。


*にゃお
 
 2008.5.13生 5歳 ♂
 天真爛漫元気いっぱいの甘えん坊
 末っ子体質で、赤ちゃん気分。
 大のおねーちゃんっ子
 チキンや白身魚、カツオその他、
 ホントに猫かどうか疑わしいほどの
 アレルギーと格闘中


*ジャック
 
 2008.8月生 享年2歳 ♂
 大ケガしてた元のらさん。
 若いのにおっとりしてて、優しくて
 空気を読めるお利口さん☆彡
 2010.10.23 3:38
  光の世界へお引越し。

*まの
 
 2012.5.14生 1歳 ♀
 生後すぐ捨てられるも
 命あるうちに保護されて、
 今や立派なお笑い担当として
 邁進中!?
 末っ子がまさかの優しい
 おねーちゃんに成長しました☆

*むく
 
 2013.9.22生 0歳 ♂
 迷子さんのところを保護。
 障害があって体は不自由
 完全介護でがんばるも
 2014年1月9日、
 遠いお空へ旅立ちました

*めい
 
 2014.6.22生 0歳 ♀
 ある日突然出会ったわりには
 おかーさんを最初からわかって
 いたかのような不思議ちゃん
 ほのにゃん初の暴れん坊w
 お利口になる日はくるのか。。。
 


月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム